三菱地所ホームとのシックハウス裁判について

  三菱地所ホームは大きな契約違反をあくまでも認めず謝りもせずにを重ねて訴訟を引き伸ばし原告の苦しみを必要以上に長引かせて、とことん疲弊させました。
 シックハウスについては、下記のように
悪質な建材の証拠が揃っているにもかかわらず、裁判官はシックハウスの専門委員を欠席させてまでも被告を庇うような、おかしな判決を下しました。

 争点となる「ホルムアルデヒド室内濃度が規制値超え」「建材からのホルムアルデヒド放散量が規制値超え」「シックハウス症候群罹患との因果関係があること」などは、多くの測定数値やでたらめな換気設計で証明されています。 拙宅に悪質な建材が使用されていることも、各部屋の空気中のホルムアルデヒド測定数値と、床、壁、天井などの建材のホルムアルデヒド測定数値により証明されました。

 専門委員が指摘しているように、判決の肝心な部分が間違いだらけで、証拠についても判断していないのは、裁判官に専門知識が無く「被害者が泣き寝入りで構わない」とする考えがあったからでしょう。形だけの専門委員任命であり、裁判所が必ずしも中立的立場でないことが分かります。 
 
 シックハウス症候群にならないようにという 『約束』をしたにもかかわらず、三菱地所ホームが守らなかった為に、大量のホルムアルデヒド等が居室内に放散され、頭痛、痺れ、刺激感、不眠などシックハウス症候群を発症しました。入居後すぐに、長女が寝込んでしまったほどで、北里病院化学物質担当医のアドバイスがあり、近くの古いマンションに避難しました。私達は「ホルムアルデヒドの測定とシックハウス対策を」と何度も依頼しましたが、三菱地所ホームは、証拠があるにもかかわらず「約束はしていない」、「測定はしない」「シックハウスは発生するはずがない」と白を切り続けました。
  化学物質過敏症(シックハウス症候群を含む)で苦しんでいる人が100万人2012/6.NHK)と増加しています。ホルムアルデヒドには発がん性や、中枢神経や自律神経の機能障害等の毒性があり、化学物質が健康に及ぼす悪影響は、痺れ、おう吐、めまい記憶障害認知症、うつ症状、生活不活発病、 頭痛、不眠(入居してから長く不眠が続いています)アトピー喘息子供がキレやすくなるなど様々な症状があり、病気の原因が化学物質と気づかない場合が多いようです。
 夏は自宅に居ると
服から出ている腕や顔がチクチクし、毎年梅雨頃から初秋まで続きます(2017年は5月21日、2018年は5月18日、令和元年は5月25日、2年は6月4日、3年は5月10日に手や腕がチクチク始まりました)。20年近く経過した現在でも、部屋を閉め切った場合にはシックハウス特有の臭いがすることがあります。梅雨から初秋にかけて蒸し暑い日には皮膚がチクチクし、煙草やお線香の煙でも喉が痛みます。記憶障害については証明が難しいですが、化学物質の為か良く眠れず元気が出ません。換気などにかなり気を付けて生活していても、体質が変化してしまったようです。後頭部の痺れ,頭痛、酷い不眠、起きていられないほどの疲労感、喉の痛み、目まい、皮膚炎(口など),関節痛など様々な体調不良がありました。特に記憶障害は認知症の原因となっていると確信します。
 東大の柳沢教授は、「ホルムアルデヒドは接着力のある限り放散が続く」「室内空気は最大の摂取源」とシックハウスセミナーで講演されています

被害者側主張 

不法行為
、債務不履行、安全配慮義務違反、瑕疵(シックハウス)担保責任
(損害賠償請求事件)

三菱地所ホーム側主張
・改正建築基準法施行(H.15.7月)以前の建築なので、基準法を守らなくても良い。
(基準法施行後に使用できなくなる建材を駆け込みで使用したようだ、というアドバイスがありました。)
シックハウスにならないようにという打合せも約束もしていない。
・建材・換気は問題ない。



3.被害者側証拠(甲1〜128、1〜4号証)
(甲1、2契約書、追加工事) 2×4住宅です
甲5(15,2,21診断書),6(15,619診断書),7,8,9,10、19、76,77、122原告家族がシックハウス症候群に罹患したこと。原因物質がホルムアルデヒドと考えられること。
甲11の1〜3(医療費通知書):入居以前は家族全員が健康であったこと。

甲12,13(14)、16(16の2)、(49)49の2、74、88(89)室内ホルムアルデヒド濃度が厚労省指針値を超えていること。特に甲13(平成15年9月9日)は精密測定
甲15(FLEC環境リサーチ(株)による測定)竣工2年後の測定で、永大産業合板と接着剤(5部屋、廊下等に施工)からF★★(多量に放散)が測定されたこと。全ての壁・天井に使用されているビニールクロス接着剤からF★★★(使用に制限)が測定されたこと。
甲38の1,2(建材試験センター測定)竣工2年後の測定で、切り取った2ヶ所床合板(5部屋、廊下等に施工)からF★★★が測定されたこと
甲18〜27,29、1領収書等
甲42,43、66「シックハウス症候群を防ぐため」の要望を記載した書類、三菱地所ホームから提出の甲42を含む

甲17、30の1〜3(1997年1号表紙に「健康住宅」)、36、37(表紙に「住まいの理想的な空気環境を追求する」)、46(31)、47、128パンフレット、ホームページ、エアロテックレポートなどで、三菱地所ホームが、空気環境専門の研究所を持ち室内空気質(クリーン)を売り物に営業していた事実。
甲31:セントラル換気システムは「窓を開けずに住まいを常に新鮮な空気で満たすシステム」
甲34、44の1〜3、61、72、80、86、111、114、126、69:建築士意見書、計算書で換気設計が杜撰であること
48三菱地所ホームを訴えることになった経緯
甲50〜60、128当時の厚労省、業界などの対応、指針で、シックハウス対策について周知され、シックハウス対策が十分に可能であったこと。
甲68社会資本整備審議会(建材の使用制限・換気の義務づけ委員に三菱地所会長ら

甲64の1〜5、84、85:空気測定機器等の性能、方法等
甲69、70、75、79:改築補修見積り、前提事項、説明書
甲65,83,116:判例
甲78、81(放散一覧表):放散が現行の建築基準法の制限値を
大幅に超えていること。

甲87(三菱地所ホームの数々のについて:実際は悪質な建材で施工されていることなど(別紙2,3,4)家の内外に施工されているシーリング剤(ブチルシール;住宅には使用不可)が大量に納品・施工されていること。屋根材ニューコロニアルについて、三菱地所ホームのHPの内容がであり実際にはアスベスト含有量が最大であること。
(別紙8、9)
「床には接着剤、塗料を使っていない」という三菱地所ホームのについて、実際には接着剤(床用は米国製「フランクリン600」《S建築士からの情報=健康被害があり米国では使用禁止》…(株)オーシカが輸入)が大量に納品されている(輸入会社への問い合わせで、この裁判中に輸入中止になった)。塗料も無垢床材に塗装されている写真等。
甲113空気測定の状況、床切り取り、補修等の写真
甲117
(陳述書、別紙証拠)証人尋問で
三菱地所ホーム側の数多くの偽証についての反証反論。

甲124
、証拠も無しに「シンナー類を原告が保管・使用している」という三菱地所ホームの主張に対する原告の反論。

甲125地裁が依頼した
専門委員(調停員)「池田耕一教授 の(手書きの)回答書bP(H,18,12付) 
甲126:換気回数が足らないこと、ショートサーキットがあることなど
甲127シックハウス症候群が重篤化すると、化学物質過敏症となること、化学物質過敏症の原因は、居住環境の悪化が最大の原因(約7割)であること等。
甲128
シックハウス対策基準等の推移一覧表ここをクリックして
「天井・壁・床からのホルムアルデヒド放散一覧表」

再審申請 証拠類
甲1:専門委員池田耕一教授への質問と回答書
甲2.3.4:「健康住宅」の意味、診断書、陳述書。


三菱地所ホーム側証拠 
8、9、15、21〜23、27〜29、30,33,39,40
建材の出荷日等の日付が竣工後であり(試験成績書が欠如していたり)それらを差し替えた事実。床塗料の納品書、試験成績書も欠如。
9建材からのホルムアルデヒド放散量が0であるという偽りの検査報告書
乙30他:接着剤81kg?kg30kg

乙84別紙「本件建物に関する打ち合わせの経緯」(H.15.9.3国交省で提出):「シックハウスが気になる」という打合せ内容
乙99H.19.1.24証人尋問直前に提出)三菱地所ホーム営業課長の「健康住宅」という打合せ記録



5.
裁判費用
(印紙代、弁護士費用、建築士約2名費用、コンサルティング費用、測定費用、見積もり費用、家の配置訴訟、国交省調停費用,、各種相談料、換気電気料金等も含む)約600〜?万円

6.
仮住まい家賃等 


    〜〜判決の多くの間違いなど〜〜

多くの測定により指針値を超えたホルムアルデヒド濃度
(室内空気)が証明されているのに、認められませんでした。
測定前に(2003年8月6日付手紙で)被告に連絡しましたが、測定に立会いに来ませんでした。
※ 甲48にも書いたように新しい家具はありません。


建物内の空気中のホルムアルデヒド濃度の測定結果にについては
社会的に信用性の高い分析機関で、厚生労働省の指針の定める測定法に準拠して測定しているから、書類で見る限り信用性は高いと思われます。(再審甲1より抜粋)

◆シックハウスの専門知識がなかった裁判官は、判決文「使用建材一覧表」でFc0(F☆☆またはF☆☆☆……放散量が多い)建材を、全てF☆☆☆☆(放散量が少ない)と誤りました。

 
竣工2年後の測定数値「★★(専門委員知見のFLEC測定数値)」と「★★(建材試験センター測定数値」採用しませんでした。

建材からのホルムアルデヒド放散量の調査結果に特に信用性を疑うところはないと思います。(再審甲1より抜粋)


北里研究所病院診断書、意見書を判断に加えませんでした。


本件建物内の空気中のホルムアルデヒド濃度の測定結果および建材からのホルムアルデヒド放散量の調査結果から、本件建物に居住している者が、シックハウス症候群に罹患する可能性「ある」と言えます(再審甲1より抜粋)

シックハウスが起きないようにという約束があったことについて、専門的な知識のなかった裁判官は判断を誤りました。

甲42、66
11/27.H.15.6.19被告より乙8提出.
甲43(12/19付)「シックハウス症候群を防ぐため「化学物質の排除」等の記載と、8411/22付「シックハウスが気になることH.15.9.3提出)、99営業課長記録11/29付「健康住宅H.19.1.24提出と、被告の僅かな打合せ項目にすら記録されています。
健康住宅と称するからには、少なくとも、ホルムアルデヒド濃度を低減下するための方策がとられていなければならない。(再審甲1より抜粋)

判断の遺脱に当たる重要な証拠類

甲15、甲38の1,2 
甲10,11,19,37,65,76,77,65,81,83,84,85,
乙84別紙、乙99


 
<経過>
(2001年)
平成13年11月22日    初回打合せ
土地(父)を購入する際に、竹○内営業推進部長、O澤一智設計課長、M営業課長と「家の配置、東西の通路幅」についてよく打ち合わせをしました。M営業課長は「家の配置」が契約違反であることを認識していて、建築途中に退職しました(ソニー生命に転職)。
シックハウスの打ち合わせの証拠となる「乙99」もM営業課長が書きましたが、被告代理人は提訴後2年4か月して裁判所へ提出しました。

平成13年12月21日    建築契約
平成14年 3月12日    着工日(実際の着工は4月)地鎮祭
平成14年 6月20日    上棟式
平成14年 8月末日    (壁ビニールクロス貼り終了)
平成14年 9月28日    引き渡し
平成14年 10月4日    引っ越し、入居(シックハウス症状)
平成15年 2月17日    鈴K誠一建設部長 
宅に来訪
平成15年 5月30日    
国交省中央建設工事紛争審査会に調停申請
平成16年 9月1日     
東京地裁に提訴
平成19年 3月14日    証人尋問
(原告1名、被告側は 竹○内元営業推進部長、
O澤一智元設計課長、内D元建設課長)
平成19年 7月4日     弁論終結
平成
191010    棄却                 
平成19年10月23日    東京高裁に控訴
平成20年7月17日     棄却
平成20年7月29日     
最高裁に上告
平成20年9月18日
    上告理由書、上告受理申立理由書
平成21年2月19日     棄却、不受理

平成23年2月(2011年)   
再審申請(シックハウス) 
平成24年4月        上申書提出 
平成24年11月28日     再審請求棄却 
平成24年12月 5日     
特別抗告申立て理由書
平成24年12月19日     同  補充書
平成25年2月20日     棄却
平成25年11月(2013年)   再審申請(位置)
平成26年11月        棄却
 <裁判の審理日>

■ 一審 裁判長  菅野博之 
裁判官  日野直子 早山眞一郎
■ 二審 裁判長  吉戒修一 
裁判官  藤山雅行 野口忠彦
■ 三審 裁判長  甲斐中辰夫 

裁判官  涌井紀夫 宮川光治 櫻井龍子
 再審 裁判長  園尾隆司
裁判官   今泉秀和 森脇江津子
 特別抗告 裁判長 小貫芳信
裁判官   竹内行夫 千葉勝美
 再審 裁判長 園尾隆司
裁判官   河村浩 森脇江津子

原告側
一審代理人   伊藤孝浩 弁護士(菊地綜合法律事務所所属
二審代理人   谷合周三 弁護士(欠陥住宅を正す会) 
三審(最高裁) 本人(T弁護士に相談)
再審      本人(M弁護士に相談)

被告
代理人   大森文彦弁護士
(東京地裁建築裁判の調停員) 


家の配置の契約違反

「契約図面には寸法が入れられない」などと
三菱地所ホーム
(小澤ではなく)O澤一智設計課長,(竹○内営業推進部長)らが原告にをつき(甲1,96他)、着工日過ぎまで寸法を入れた配置図を一切提示せず(乙45の1他)、着工日(地鎮祭)当日のドサクサ紛れに、設計課長は「図面通り」とだけ書いてある書類にサインをさせました。建て主に見せなかった「寸法の入った図面(配置図)」は、配置が契約違反でした。裁判所は原告の証拠類を無視しました。

判断の遺脱に当たる重要な証拠類

(1)3,33,39,40,62,73,91,(92),93,94,95,96,97,99,100,
101,102,(103),105,106,107,(108の1〜3,112,117)123,
(1,42の3,45の1)51,(52,59の1,84)85,99 他


 シックハウスが起きないことを約束していたのに、三菱地所ホームにいくら頼んでも、社長に手紙を出しても対応してくれなかったので、弁護士に依頼せざるを得ませんでした。ひどいシックハウス症状だったこと、三菱地所ホームの裏切り行為に憤慨していたこと、良い判例が出れば「業者が悪質な建材を使わないようになるので、シックハウスの被害が収まる」と信じていたこと、また一審では、和解すると裁判を公開できなくなるということで、判決を求めました

 一審では最後に「95%位は和解です」と和解を勧められ、裁判長から判決日が言い渡された後に、日野直子裁判官は何故か原告だけを2時間以上残し弁護士は席を外したまま)、和解しないならゼロです」と強く説得しました
被告のそれまでの対応からも和解は全く不可能でした。裁判官は専門的な知識がなかったので判決文を書きたくなかったのでしょうか。裁判官と代理人に不信感を感じました。私達は限界を超えて疲れ果てていましたので、判決でようやく地獄のような苦しみが終わると思っていました。
 二審では、1月28日に野口忠彦裁判官が「一審の判決は間違っていた」と言いました。
 再審申請で提出した「専門委員の意見書」では、「判決の間違い」と「裁判官の専門知識の欠如」を指摘しています。

 甲125は裁判所のファイルにありました。甲127は裁判官からの要請があったので、他の証拠と同様に苦労をして探し提出しました。
裁判所は和解を勧めましたが被告は応じませんでした。
 
 代理人を探すことに苦労し、信頼する先生に紹介していただけた伊藤孝浩弁護士でしたが、平成18年秋頃に、電話で「勝訴の判例になる」と伊藤弁護士に言った為か、伊藤弁護士の対応に「本当に私達の味方なのか?」と感じることがありました。伊藤弁護士の事務所は、通常ハウスメーカー側の代理人を引き受けていると聞いて、被害者勝訴の判例を作っては不味いのかもしれないとも推測しましたが、国交省中央建設工事紛争審査会途中で、「これだけ証拠が揃っている例は珍しい」と、地裁に提訴することを強く勧めたのは伊藤弁護士でした。そういう経緯もあって、裁判中は、苦しい裁判がもうすぐ終わると思い耐えました。双方の弁護士が裁判待機所で、原告について話をしているところを偶然原告が聞いてしまったこともありました。
 伊藤孝浩弁護士は、証人尋問直前の平成18年12月に「私を解雇して下さい」と言いました。私達は大変困って、裁判仲間の先輩に相談したところ、「自分から辞めると、契約金を返さないといけないから、解雇してほしいと言っているんですよ。」ということでした。
 また、証人尋問についての打ち合わせをした際に、私達は「乙99を書き、家の配置について打ち合わせをした中の一人である、M元営業課長にも出席してもらいたい。」と伊藤弁護士に依頼しましたが、伊藤弁護士は、「三菱側に都合の悪いことは言いません」と、証人尋問に呼ぶことに反対しました。地裁で敗訴になってから、伊藤弁護士は「高裁も引き受けたい」と言いましたが、別の代理人に依頼しました。


   甲15号証(FLEC) 竣工後約2年 ホルムアルデヒド放散の測定。
床はF☆☆、壁(天井も同じ材料)はF☆☆☆でした。測定は長女の部屋(2階北洋室1)ですが、他の5部屋(洋室)、廊下、その他も同じ建材です。壁は家中全て同じです。

これでは、入居後間もなく大切な娘がシックハウスで寝込んでしまうのは当然です。
   甲38号証の1、2  
竣工後約2年 ホルムアルデヒドの測定のため、居室と階段下の床合板2カ所の切り取り作業。(F☆☆☆でした。)

試験センターの測定者は「竣工後2年でこの数値ですから、入居時はF☆☆だったでしょう。」と言いました。
1998年8月出版 快適住居研究会
(著者;三菱ホーム 子安誠、笹島秀之)

「健康住宅」について
「これからの家 健康で快適な住まい」
の中で、「空気がきれいなこと」を強調しています。
  甲126号証 <空調専門ハウスメーカーの杜撰な換気設計>
 24時間換気システムは換気回数が足らない(判決文では0,3回)うえに、洋間2寝室その他の給気口位置が扉アンダーカット(排気経路)の上部にあり、最短距離の設計になっています。廊下天井(写真下部)の排気口にショートサーキットし、部屋の空気が滞留します配管を短くし、手間を省くための設計です。12畳強の広さの部屋に排気口に一番近い位置に給気口が1つあるだけです。
1階6畳(洋室)には給気口が無く、何故かドアの外側に無駄に給気口が施工されています。また、和室(寝室)に給気口は一つありますが、襖(裏側は合板)のため、アンダーカットがありません。


(再審甲1)

「適切な換気設計ではないとは言えます。ショートサーキットが起こったとしても不思議はないし、換気設計に経験のある技術者なら、設計段階で、このような給気口や排気口の位置とすることを避けるのではないかと思います。」
甲126号証について判決文では判断されていません。
被告は、「国土交通省の調停」で換気回数が足らないことを認めています。
・判決文で
O澤設計課長の証言調書(21頁8行目)で、「滞留を認めていること」が抜けています。同証言調書について判断されていません。

・初回打ち合わせで被告から渡された「甲46」(換気システムパンフレット)や建設部長が原告宅に持参した「甲30」(エアロテックレポート)、「甲48」(原告陳述書)、「乙99」(打合せ記録)が判断されていません。


 
※ なお、新型コロナウイルス除去対策として、令和2年(2020) 6/17日,19:30〜「”可視化”でまるわかり新型コロナ対策の新常識 効果的な予防を!」 (NHK) では、「24時間換気システムがついていても、窓を開けての自然換気をお勧めします。」ということでした。

 平成21年10月1日ニュース  ←ここをクリックして下さい

@ シックハウス被害、損害賠償認める判決
東京地裁  9月10日弁論終結 10月1日判決(確定) 酒井良介裁判官
(新築マンションに居住したことで化学物質過敏症になったことを認め、損害等を認めた判決)
A
化学物質過敏症:中毒一症状 病名リスト登録、健保適用可能に